New !

「YouTube でゲーム配信がしたい」

Stacks Image 2898
蒼良くん(15歳)
小学 5 年生の頃から、ずっとゲーム配信がしたかったという蒼良くん。

中学 1 年生の 3 月、頭痛などを訴えて緊急入院され、とても症例の少ない「脳松果体腫瘍絨毛癌」であることがわかりました。血管がからむ腫瘍だったため、一時は危険な状態となり、ご家族にとって祈るような気持ちで過ごす日々が続きます。

そんななか、「少しでも楽しいことを」とのお気持ちからメイク・ア・ウィッシュにお申し込みくださいました。
続きを読む...

「打ち上げ花火が観たい」

一稀くん(17歳)
毎年とても楽しみにしていた花火大会が、台風やコロナ感染対策で観ることができないまま 4 年も経ってしまい、がっかりしていた一稀くん。

その姿を案じたお母様を通じ、メイク・ア・ウィッシュに「本物の打ち上げ花火が観たいです!」と、お申し込みくださいました。
続きを読む...

「ランドセルを背負って家族写真が撮りたい」

Stacks Image 2842
羽華ちゃん(5歳)
羽華ちゃんは賑やか大家族、5 人きょうだいの 4 番目の女の子です。来年一年生になる羽華ちゃんは、お姉ちゃん、お兄ちゃんたちと一緒に小学校へ通う日を心待ちにしています。

そんな羽華ちゃんの為に、今日は入学式のお洋服を着て、少しだけ小学生気分を味わってもらうことになりました。

今まで 7 人全員揃った家族写真を撮る機会はあまりなかったとのことで、羽華ちゃんファミリーにとって特別な一日です。
続きを読む...

「コピックスケッチが欲しい」

Stacks Image 2829
あおちゃん(14歳)
絵を描くことが大好きというあおちゃん。病院でもお家でも、YouTube を見ながらアニメやイラストの勉強をして、たくさんの絵を描いているそうです。

そんなあおちゃんの夢は、はじめから「コピックスケッチ全色が欲しい」と決まっていました。
続きを読む...

「絵本作家になりたい」

Stacks Image 2777
じんのうちちなりさん(16歳)
入院中は、退院することを目標に頑張ってきたちなりさん。退院後、新たな目標をもって日々を過ごすことができればと、メイク・ア・ウィッシュにお申し込みくださいました。

そうしてお手伝いすることが決まった夢は「絵本作家になりたい」というもの。絵本をつくり、お世話になっている方にプレゼントしたい!とのお気持ちからでした。
続きを読む...

「ピアノコンサートを開きたい」

山口知眞くん(17歳)
知眞くんの脳腫瘍がわかったのは 1 歳の時のことでした。すぐに手術をしたものの、予後が厳しいと告げられます。さらには後遺症も現れ、リハビリのために、3 歳の時にピアノを始めました。以来、長くつらい治療を続けるなかで、ピアノが知眞くんの心の支えになってきたそうです。
続きを読む...

「赤いドレスを着て、ミッキーと写真を撮りたい」

Stacks Image 1495
松尾夢華さん(18歳)
夢華さんは中学3年生の時に、骨肉腫(骨のガン)と宣告を受けました。厳しい抗がん剤治療を続けましたが、左足を切断せざるを得なくなり、義足での生活になりました。スポーツ万能だった夢華さんにとって、左足を失うという事実は何よりも辛いことでした。

しかし常に前向きな夢華さんは、小中学生時代にやっていたバスケットボールの経験を生かし、車いすバスケットボールにチャレンジしました。さらには、県代表選手にも選ばれ、全国大会への出場も果たしました。

続きを読む...

「マイケル・アーチャー選手と電動車いすサッカーの練習をしたい」

Stacks Image 1458
TAIYOくん(17歳)
進行性の筋ジストロフィーと闘うTAIYOくん。小学5年生の時から車いすで生活をされてきましたが、中学1年生の時に電動車いすサッカーと出会ったことで、人生が大きく変化しました。現在では全国大会にも出場し、チームの主力選手の一人にまで成長しました。

そんなTAIYOくんの夢は、「電動車いすサッカー界の絶対的エース、マイケル・アーチャー選手(アメリカ)と一緒に練習がしたい!」という壮大なものでした。2017年のワールドカップで活躍する姿をインターネットで見てから、ずっとアーチャー選手に憧れてきたそうです。

いつかアーチャー選手に会う日のためにと、電動車いすサッカーの練習はもちろん、英会話の練習も日々努力してきました。2年後、メイク・ア・ウィッシュ アメリカと連携し、遂にTAIYOくんの夢が動き出します。
続きを読む...

「特殊災害対策車を見たい」

Stacks Image 1427
りんとくん(12歳)
りんとくんは、生後すぐに心臓の病気が判明し、これまで3度もの手術とつらい治療を乗り越えてきました。

幼い頃から消防車が大好きなりんとくんは、山口県内や近隣の県の消防署へ出向いては限定ステッカーを集めたり、消防関係の雑誌、ミニカーなどをたくさんコレクションしたりしています。なかでも特殊災害対策車は特別で、実物を見てみたいと以前からずっと願っていたそうです。

続きを読む...

「パパと結婚式をしたい!」

杉本ちひろさん(11歳)
進行性の難病、筋ジストロフィーと闘うちひろさん。明るく、歌うことが大好き。ドレスを着て、お化粧することにも憧れている、そんなちひろさんの夢は…?

「パパと結婚する!」

と即答です。

「とにかくパパが大好きで、いつも私と取り合いをしています」

とお母さま。毎年ご両親の結婚記念日には結婚式のDVDをご家族で観ていらっしゃるそうですが、ちひろさんはそれ以外の時にもよく観ていらっしゃるといいます。

そんなちひろさんの夢を実現するために、ご家族皆様での結婚式をお手伝いさせていただくことになりました。実現日当日、式場に到着されたちひろさんは、ちょっと緊張している様子ですが「こんにちは!」と、明るく挨拶してくれました。
続きを読む...
 Page 1 / 10  >>